庶民の弁護士 伊東良徳のサイト

年間300冊読む読書術◆
図書館利用法
 私は、現在6つの公立図書館(と弁護士会の図書館)に利用登録して、常時30冊程度を借りています。
 私自身、子どもができるまで、公立図書館を利用したことはありませんでした。しかし、子どもに読ませる絵本とか紙芝居を一々買っていたらきりがないし置く場所にも困ることから、近くの図書館に利用登録して借りるようになりました。最初は、子どもに読み聞かせる絵本類を借りていたのですが、ついでに自分が読む本も借りるようになり、今では主に自分読書用に借りています。

  まずは利用登録

 図書館を利用するのには、まず利用登録をしなければなりません。利用登録の際には、大人の場合、運転免許証か保険証などの住所を証明するものが要求されることが多いです。
 図書館によって、利用できる人がその自治体に「在住・在勤・在学に限る」か「在住・在勤・在学+隣接自治体に在住」か「誰でもOK」か様々です。都内の公立図書館で在住・在勤・在学に関係なく誰でも登録できることがインターネット上明らかなのは、23区内では荒川区立図書館、品川区立図書館、千代田区立図書館、中央区立図書館、豊島区立図書館、文京区立図書館、目黒区立図書館、そして多摩地域では小金井市立図書館です。世田谷区立図書館はHPの記載ではよくわかりませんが、区の図書館規則を見る限り特に住所等の制限は書かれていませんから、たぶん無制限だと思います。それから、港区立図書館が23区に在住・在勤・在学、新宿区立図書館が都内在住または新宿区在勤・在学、渋谷区立図書館が都内在住・在勤までOKです。それ以外の図書館は、その自治体在住・在勤・在学に限定か、それプラス隣接自治体住民に限定です(杉並区立図書館もHPでは特に書いていませんでしたが、区の図書館規則では杉並区在住・在勤限定です。こういうの不親切ですね)。北区立図書館は、従前は住所がどこでもOKでしたが2008年6月から「居住地別利用制度」なるものができてインターネット予約は北区在住・在勤に限るとかいうことになったようです(北区のHPって作りがとてもわかりにくくて理解しにくいですけど)。
 ただ、借りるときと返すときは必ずその図書館まで行かなければならないことを考えると、自宅や勤務先から近いところ、そうでなくても通勤ルートの駅から近いところでないと事実上利用できないと思います。

  サービス内容(利用条件)は結構まちまち

 サービスの内容は、図書館によって結構まちまちです。利用可能なところが多ければ、そういう条件を見て利用しやすい図書館を選ぶといいと思います。

開館時間(利用できる時間帯)
 開館時間は平日は午後8時までか7時までが多いです。インターネットで調べた限りでは、現在、東京23区内の公立図書館で平日一番遅くまで開いているのは葛飾区立中央図書館、千代田区立千代田図書館(千代田区役所9・10階)、豊島区立中央図書館の午後10時までです。他に平日午後8時を超えて開いているのは、新宿区立中央図書館・四谷図書館・角筈図書館・大久保図書館、目黒区立中目黒駅前図書館が午後9時45分まで、江戸川区立篠崎図書館・葛西図書館・西葛西図書館・東葛西図書館・清心町コミュニティ図書館、世田谷区立経堂図書館が午後9時30分まで、杉並区立今川図書館,、台東区立図書館の谷中コミュニティセンター・いきいきプラザ(予約受取と返却のみ)、文京区立図書館の大部分(千石図書館以外)、目黒区立八雲中央図書館が午後9時までです(都立中央図書館も午後9時までですが、個人貸出なしですので)。
 日曜・祝日については午後5時までが多いです。日曜・祝日も午後8時まで開けているのは、インターネットで調べた限りでは、東京23区内の公立図書館では足立区立図書館、板橋区立図書館、江戸川区立図書館の大部分、世田谷区立経堂図書館、千代田区立神田まちかど図書館・昌平まちかど図書館、中野区立中央図書館くらいです(台東区立図書館のいきいきプラザは予約受取と返却のみですが日曜日も午後9時まで開けているようです)。
 ついでに多摩地区まで調べてみると、なんと府中市立中央図書館は平日・日曜とも午後10時まで。立派ですね。基本的に在住・在勤者しか利用できませんけど。日曜日では調布市立中央図書館が8時30分まで、稲城市立中央図書館・iプラザ図書館、羽村市立図書館本館が8時までのようです。

貸出限度(借入可能な本の冊数)
 借りることができる本の数は10冊が多いですが、図書館によってかなり違います。
 東京23区内で最高は荒川区立図書館、葛飾区立図書館、北区立図書館、文京区立図書館の30冊です。荒川区立図書館は、かつては冊数無制限でしたが、30冊に制限されました。現実にはそこまで借りることは考えにくいですが、これくらいの余裕があると冊数制限を気にする必要がないので気が楽です。
 多摩地区では、意外に冊数無制限のところがあります。昭島市立図書館、あきる野市立図書館、小金井市立図書館、多摩市立図書館が冊数無制限(貸出期間中に読める程度という書き方もありますけど)です。昭島市立図書館、あきる野市立図書館、小金井市立図書館は貸出期間も3週間ですし、大量貸出には向いていると言えます。そして、小金井市立図書館は、小金井市在住・在勤・在学を問わず誰でも登録OKです。荒川区立図書館が方針変更した今、小金井市立図書館は、都内唯一の誰でも貸出可で冊数無制限の図書館となっています。それ以外はいずれも在住・在勤者しか利用できません。また西東京市立図書館、日野市立図書館は30冊までです。

貸出期間
 貸出期間は2週間が多いですが、これより長い図書館もあります。東京23区内でいえば、品川区立図書館、墨田区立図書館、練馬区立図書館が3週間です。
 貸出期間については、インターネット上延長ができるかが使い勝手の上では結構大きいです。その点を加味すると、品川区立図書館と練馬区立図書館が元々3週間の上インターネットで延長でき、図書館に行かないままで最大6週間借りていられることになって最長だと思います(ただし、どちらも延長は手続をした日から3週間なので、6週間借りようと思ったら返却期限直前にしなければなりません。それまでに他の人の予約が入っていたら延長不可ですので、ちょっと予測がたてにくくリスクがありますが)。あと目黒区立図書館は2週間ですがインターネットでの延長が2回可能とされていますので、やはり図書館に行かないままで最大6週間借りていられることになります。もちろん、予約がある本は大抵延長できませんので人気のある本の場合最初の期間で読まねばなりませんけど。
 多摩地区では、昭島市立図書館、あきる野市立図書館、小金井市立図書館が3週間、国立市立図書館は次の予約がない本は3週間だそうです。

  借りたい本の予約

 今時は、ほとんどの図書館が、インターネットで蔵書検索と予約をすることができます。東京23区の公立図書館はすべてインターネットで蔵書検索や予約ができます。
 この本を読みたいと思ったらその時点で検索して予約を入れます。東京都内の図書館を利用する場合は、「東京都立図書館統合検索」が便利です。これで自分の利用登録している図書館にチェックを入れて検索して予約状況を見て一番早く来そうな図書館に予約します。あとは順番が来たらメールで知らせてくれるので取りに行きます。
 ただ予約はいつ本が来るかの予定がはっきりしないのがちょっと問題。特に人気のある本だと随分先になります。図書館によってはインターネット上予約順位を表示してくれますから、その場合は、だいたい予測できますけど。それにしても無計画に予約していくと、人気本がいっぺんにたくさん来るとちょっと大変です。人気本は次の予約があるので延長できませんから、その期間(大抵2週間)に読まねばなりません。それが3冊以上重なるとプレッシャー大きいですよ。借入は計画的に・・・

  借入(貸し出し)

 これは確実に図書館に行かなければなりません。大抵は、前に借りた本を返しに行くときに、借りる本を物色して借ります。あらかじめ借りたい本は予約で出していますから、それ以外は本棚を見ながらその日の気分で選びます。まあそこは書店で買うときと同じですね。書店で買うときよりはあまり吟味しないで気楽に借りますけど。
 借りるときに、家族のカードで借りられるかは、貸し出し数が少ないところ(10冊とか。世田谷区立図書館はなんと5冊。千代田区立図書館も「区外在住者」は5冊)では結構大きいです。特に私のように子どもに読ませる本も借りる場合、子どもの分は子どものカードで借りないと制限オーバーになりがちです。利用のきまりでは大抵カードは他人が利用することはできないとされていますが、実際にはカウンターの担当者によります。その点、千代田区立図書館は、インターネット上公開していた業務マニュアルによると、2004年10月から家族のカードでの貸出(さらに言えば家族に限らず他人のカードでの貸出)を正面から認めることにしたそうです。

  返却と再借入

 これも確実に図書館に行かなければなりません。返却は、大抵の図書館が、CDやビデオ以外は、時間外にブックポストでもOKですが、普通は同時に次の借入をしますので、時間内に行きます。
 インターネット上延長ができる図書館以外では、期間内に読み切れなかった本について返却の時に再借入を試みます。インターネット上延長したけどそれでも読めなかった場合も同じ。返却の時に、返した本をカウンターで預かって職員が本棚に返すシステムのところと、自分でラックに戻すシステムのところがあります。カウンターで引き取るシステムの場合は、返すときに「予約がなければもう一度借りたいのですが」といってチェックしてもらいます。大抵はそれで大丈夫です。私の経験では、「再借入は認めていません」といわれた図書館もありますが、職員が本棚に戻した後で持って行ったら無事に借入できました。このあたりも担当職員の対応次第のところがあります(渋谷区立図書館は「いったん返却した資料の再貸出は翌々日以降になります」とサイトで明記しています)。自分でラックに戻すシステムの場合は、予約がある本以外は自分の手に戻ってきますので、再借入したい本はラックに戻さずに黙って再借り入れできます。

  読む順番

 借りた本を効率よく読み切るには、期限の近いものから読んでいくことになります。特に期限の延長が難しいものは、確実に読みたければ、優先して読むしかありません。逆に期限の延長が容易なものは、どうしても後回しになりがちです。インターネット上延長できたり、再借入が容易な図書館のものは、結局期間内に読まないで延長・再借入に頼りがちです。そのあたり、延長・再借入が容易なのも善し悪しですが。
 そうはいっても、実際のところ、最後に借りてきたものが、その日読みたい気分で借りていますので、先に読みたいこともままあります。それはもう気分を優先してしまいます。やっぱり気持ちよく読むのが第一ですからね。

  その他

 図書館のサービスの細かいところは、それぞれの図書館を利用してみないとわからない点が残ります。インターネット上で取れる詳細情報としては、千代田区立図書館が、指定管理者募集に当たって応募者向けの情報としてですが、業務マニュアルを公開しているのを見つけました(こちらにあったんですが削除されたみたいですね)。これを読むと、ずいぶん細かいことまでマニュアルで決めてあって、こんなことまで考えているのかと感心します。また、中野区立図書館が「お知らせ・広報」のコーナーで「図書館に寄せられた、ご意見・ご要望の紹介」として、利用者からの意見(苦情)と図書館側の回答を掲載しています(こちら。東京23区で他に掲載しているのは見あたりませんでした。杉並区立図書館のHPに「利用者のこえ」という欄がありその要旨を公表していると書いてますが、ただのFAQになってます)。こういうのを読むと、公立図書館サイドの考え方が読み取れますね。
(各図書館についての情報は2010年4月4日現在)

**_**区切り線**_**

年間300冊読む読書術に戻る年間300冊読む読書術へ  読書が好き!に戻る読書が好き!へ

トップページに戻るトップページへ  サイトマップサイトマップへ