庶民の弁護士 伊東良徳のサイト

  私の読書日記  2020年10月

11.精神医学エッセンス[第2版補正版] 濱田秀伯 弘文堂
 精神医学の教科書。
 大学の教養課程で使用する教科書という感じで、様々なことをひととおり、簡潔に説明しています。説明が簡潔なのが、一見さらっと読めそうな印象も与えつつ、しかし門外漢には、概念が必ずしも理解できていない(いかにも専門用語ということでない言葉でも、ここで使っている意味は必ずしも世間で理解されている意味でもなさそうだったりして)ために、かえって文章が頭の中を滑り通り抜けていく感じで、読んでも自分のものにできていない感じが強く残りました。特に前の方で35ページを割いて書かれている精神医学の歴史は、必ずしもよくわからない概念と名前の羅列で、1人で読み続けるのはなかなか辛い印象です。
 ページ横の注の大部分は人名ですが、文学作品の引用も所々あり、門外漢を少しホッとさせてくれるのですが、著者の好みで引用しているのでしょう。今ひとつ、なぜここでこれが引用されているのかわからないものも多く、専門の概念以上に首をひねってしまうこともあります。やっぱり、読み流すのに気になって落ち着かない…
 Ⅱ(54ページ~)の「いろいろな症状」、さらにⅢ(85ページ~)の「いろいろな病気」あたりからが、一般読者が想定する精神医学の教科書らしいところで、精神疾患の分類や捉え方の最近の変化、検査と治療の概要が読み取れ、勉強になりました(先述の通り、私がどこまで理解できたかは怪しいところですが)。
 「わが国で年間2万数千人の自殺があり、その大半(70~80%)が何かしらの精神障害に関わる」(121ページ)という記述に、ハッとし、考えさせられました。自殺のそんなにも多くが精神障害に起因するのか、貧しさや虐待で追いつめられての自殺はどう位置づけられるのか、その場合でもその苦しみに精神を病むということなのか、他方で自殺をすることは異常だという判断評価がそのような推測評価につながっているのではないか…
 末尾(175~177ページ)にフランス語のレジュメが付いていますが、これが何なのか、何のためなのか、私には説明を見つけることができませんでした…おまえは大学で第2外国語はフランス語選択だったんだから訳してみろって? 勘弁してくださいm(_ _)m

10.宇宙でいちばんあかるい屋根 野中ともそ ポプラ社
 3軒隣に住む5歳年上の大学生の幼なじみ浅倉亨くんに秘めた恋心を抱き続ける中学生大石つばめが、亨との間合いに悩みたじろぎつつ浅倉家と亨を襲う不幸な事件に関わり、母親の素行に悩みグレていく同級生の元彼笹川くんや友人の鈴子と奥野っち、そして出て行った顔も覚えていない書家の実の母、パパと再婚した優しいママ/継母に囲まれながら、週2日通う書道教室の屋上で出会った「星ばあ」との不思議な交流を続け、成長していくファンタジー小説。
 冒頭で「ぜったい断言できる。星ばあはおよそ、ばあさんとしてきらわれる資質をすべてかねそなえていた」(7ページ)といきなり紹介される憎々しげで意地悪く意地汚く振る舞う「星ばあ」が、どこか星の王子さまのように、実はピュアで儚げに見えてしまう展開が巧みに思えます。
 しかし、「何十種類ものクラゲ」を展示している水槽がある水族館(76ページ)って、どこにあるのだろう。行ってみたい。

09.償いの流儀 神護かずみ 講談社
 周囲にはデイトレーダーと称している訓練で鍛え上げた体を持つ何か裏社会に通じる仕事をしていたことが示唆される独り身の女性西澤奈美が、近所のタバコ屋の70代のおばちゃんが振り込め詐欺でなけなしの250万円を詐取されたことに憤り、振り込め詐欺グループを告発したことから復讐を受け立ち向かうという展開のサスペンス・バイオレンス小説。
 私の好みからは、主人公を無頼で、本人がプロ意識を持ち警戒心を高めている設定にしては「?」部分も強く、謎の作り方、落とし方も含め、ちょっと違和感がありました。
 末尾にはただ書き下ろし小説だというだけで、何かの続編という説明もないのですが、これが何かの続編ではなく、この主人公が登場する初めての作品だとすれば、主人公をめぐる経緯・設定の説明が、あまりに不親切な感じがして、読み終えてから調べたら、「ノワールをまとう女」(2019年、江戸川乱歩賞受賞作)の続編のようです。知らない私が悪いんでしょうね。

08.バスを待つ男 西村健 実業之日本社文庫
 警視庁を定年退職し、再雇用先の東京都交通安全協会も退職して、趣味もなく暇を持て余した元刑事の「私」が、妻に勧められて都内のバス乗り放題の東京都シルバーパスを購入して手当たり次第気の向くままにバスに乗り続けることにし、それが趣味になって日帰りのバス小旅行を繰り返すうちいくつかの謎に行き当たり、それを妻に話すと妻が推理して謎を解くというミステリー。
 元刑事が解けない謎を妻が推理して見せ、その推理を元刑事が語って知人からはその元刑事が謎解きの天才に見えるという、コナンと眠りの小五郎みたいな掛け合わせに、東京の街の情景や歴史のうんちくをちりばめ、そこで読ませる小説です。謎にするネタは軽く浮かれたものから重い事件がらみまで多岐にわたります。前半は軽めのタッチで、それで貫くかと思ったら後半は重いものも混じり、やっぱりミステリーはネタ探しに苦しむよねと、そっちで共感してしまいました。私も、ミステリーを書いてみようと思って、謎にするネタ、トリックの考案で苦しみましたし。

07.子どもの心の声を聴く 子どもアドボカシー入門 堀正嗣 岩波ブックレット
 子どもの人生と生活のさまざまな場面、特に処遇等を決定する場面で、子どもの気持ちと意見を聞き出し、代弁・助言する者あるいはそれを供給・保障するシステムの必要性を説く本。
 外国と日本の子どもが遭遇する事例や制度等を通じて、子どもの声を聴きだし代弁する仕組みが必要だということを述べ続けていて、そのことだけはわかるのですが、それ以上に具体的に著者がどのようなシステムを想定し作り出そうとしているのかが今ひとつ見えません。諸外国の制度の説明も、いろいろな制度が作られていること自体は紹介されているのですが、今ひとつ掘り下げられていない感があります。
 著者は、それこそあらゆる分野、局面での必要性を論じているのですが、では誰(どのような属性の者:弁護士か、ソーシャルワーカーか、臨床心理士か)がそれを担うのか、どこに窓口を置くべきなのか、その規模は…といった提言がまったくありません。著者が2009年から2010年にかけてイギリスで研究した世界で最も先進的な「独立系アドボケイト」(4ページ)も「後で詳しく」述べられているところでも、スタッフ26名とされています(58ページ:ちょっとそこも精密に書かれている感じではないので、別の団体だったりするのかも知れませんが)。日本での具体的なシステムの構築を構想するのであれば、諸外国のシステムをより具体的に紹介し、日本で実現するとすればどのような規模でやるべきなのかを論じるべきでしょうし、昨今、児童相談所への弁護士の常駐が検討され始めていることとどうリンクさせていくのか等にも言及していくことが有益に思えます。どのような場を対象とするのかも、その構想する規模に応じて絞り込んでいった方がいいでしょう。
 そういう実現に向けた現実的な構想や提言が見られないというところが残念に思えました。

06.最新派遣業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第5版] 土岐優美 秀和システム
 労働者派遣の仕組み、法制度と最近の改正、派遣会社の業務と注意点などを専ら派遣会社側の視点で説明した本。
 タイトルにある「カラクリ」という言葉から、内部告発的な、あるいは業界の暗部・恥部等の実態についての記述を期待すると、まったく期待はずれに終わります。派遣会社の実務については、基本的に型どおりの建前が説明されていて、ところどころ法を守らない悪質な業者もいる(それでまっとうな派遣会社も一緒くたにされて迷惑だ)ということが抽象的に示唆される程度です。
 労働者派遣が「労働者供給」とは違うもののように説明し、「誤解する人も少なくない」などと書いています(20~21ページ)。派遣業界の人はそう思いたいのでしょうけれども、職業安定法第4条第7項は、労働者供給を「供給契約に基づいて労働者を他人の指揮命令を受けて労働に従事させること」と定義しており、性質から見れば労働者派遣は「労働者供給」そのものです。性質上は「労働者供給」そのものなんですが、労働者派遣は派遣法ができたときに適法とされているから、職業安定法第4条第7項が定義において派遣法の労働者派遣に該当するものは含まないとして、職業安定法にいう「労働者供給」からは除外しているというだけです。それをそもそも違うもののようにいうことは誤りで、それこそ誤解を招く表現だと思います。
 著者は、派遣労働者を「非正規労働者」と呼ぶことを非難し、「不当な差別のにおいを感じます」とまで述べています(186ページ)。派遣労働者は、無期契約でない限り、どれだけ更新を繰り返して長期間働いていたとしても、短く区切られた契約期間が来たときにはいつでも何の理由もなくても雇止めができる、法的には絶望的に不安定な雇用形態です。期間を決めずに雇われたアルバイトよりも不安定な雇用です。「非正規」という言葉がなくなれば、不安定な雇用形態が改善されるわけではありません。「非正規」という言葉を使わないようにすることは、派遣労働者が非正規労働者の中でもとりわけ不安定な、弱い立場にあることを、一つも改善しないままにそこから目を背けさせるだけです。「セクハラ」という言葉で名付けられた故に被害女性が声を上げることができたことを見てもわかるように、「非正規」という言葉を使わせまいとすることは派遣労働者が不安定な雇用の実態を直視して声を上げることを抑え込むものです。
 そういった派遣会社側の思惑・利害と、基本的に建前・きれいごとに終わっているとは言え派遣会社の業務や派遣先・派遣労働者への対応に際して派遣会社が考えていることを知ることができるという点では役に立つかなぁと思いました。

05.ファーストラヴ 島本理生 文春文庫
 父親を刺殺したとして逮捕されたアナウンサー志望の女子大生聖山環菜について出版社の依頼でノンフィクションを書こうとしている臨床心理士の真壁由紀が、環菜との交流と確執、大学での知人であり義弟でもある環菜の弁護人庵野迦葉との過去と現在を行き来しながら環菜の裁判に臨むという小説。
 幼少期からの性的なトラウマを抱えて、父親との関係、周囲の男との安易でもあり自傷的でもある関係とそれをある場面では他罰的にある場面では相手をかばい自虐的に捉え揺れ動く環菜を、ある種類似のトラウマを持つ由紀が分析し、カウンセリングし、自覚させて行くという展開が読みどころです。
 朝井リョウの解説が「特に男性の読者の中には、『このシチュエーションでこれほどの精神的ストレスが生まれ得るものなのか』『その振る舞いをもってして、同意や好意の表明ではないと言うのか』と、狐につままれるような気持ちになる人もいるかも知れない」(356ページ)と書いているように一般化した挙げ句に男にはわからないという読み方をするのが適切かは、私にはわからないけれど。
 人助けに興味ないという迦葉に対して我聞が「人助けしたいやつはたいてい同情できる人間しか助けたがらない。助けたくない人間まで助けなきゃいけないのが医者と弁護士だ。だから迦葉ぐらい引いてる人間の方が向いてる」という場面(205ページ)。わかるような気もしないではないですが、弁護士ってボランティアじゃなくて自営業者でして、同情できる人間の依頼しか受けなかったら商売にならない/生活できないからイヤでも同情できない人の事件もやらざるを得ません。そういう実情からすれば、少しでも共感力や熱意のあるところから始めた方がいいんじゃないかと思うんですが…
 オチは、大岡昇平の「事件」を意識しているかなという印象もありますが、そういう目で見てしまうと「事件」の方が圧倒的に重みがあるので比較しない方がいいでしょうね。

04.0円で始める副業ネット販売 上田祐輝 合同フォレスト
 元手なしでネット販売を始めるノウハウを説明する本。
 起業をするのに元手をかけないということにこだわっているところがいちばんの特色です。元手をかけなければ失敗してもやり直せばいい、何度失敗しても赤字は出ないからうまくいくまでやり直し続ければいい。理屈はそのとおりなのですが、ふつうに起業すれば初期投資、固定経費がかかるところを、とにかくネット販売で初期投資は基本的に0というやり方を追求することでその理屈に近づこうとしています。
 商材探しは質問サイトと検索キーワードでニーズを探り、サービス面でプラスアルファをめざし、目にとまりスクロールされるサイト構成を心がける。その点に関するアドバイスに集中し、ノウハウ本としても効率よく締まりのある読み物になっています。
 この本を読んで現実にネット販売を始める読者がどれくらいいるかはわかりませんが、なんとなくやってみたくなるような、その気にさせる本です。

03.隣人X パリュスあや子 講談社
 大企業に派遣されて1年半になり昇進を打診されていた派遣社員の土留紗央がパーティーのただ酒で飲み過ぎて社員証を落とし、かつてキャバクラの常連客からレイプされて学生証を落としたことがあるコンビニの店員柏木良子がそれを拾い、柏木が勤めるコンビニでのバイトと居酒屋のバイトを掛け持ちするベトナム人留学生グエン・チー・リエンが居酒屋のバイト仲間拓真に惹かれ、柏木はもう1つのバイト先の宝くじ売り場で出会った笹に惹かれ…というような群像劇的なエピソードに、地球人のデータを取り込んで地球人と見分けが付かぬ外見となれる「惑星難民X」をめぐる時事問題を絡めた小説。
 惑星難民Xを絡めることで一種のSFとなる小説なのですが、隣人は実は宇宙人という、ある種手垢の付いたネタを中途半端に展開しているのが、特に前半はいかにも浮いた感じで、むしろ宇宙人話を抜きでふつうに小説として展開した方がいいんじゃないかと思いました。
 後半、惑星難民Xに比重を置いて話を進め、SF的に落としていますが、結果的に、惑星難民で話を付けるならそこに行くだろうねという感じで、読者の期待に応えているのかも知れませんが、なんだかなぁと思いました。

02.海洋プラスチックごみ問題の真実 マイクロプラスチックの実態と未来予測 磯辺篤彦 DOJIN選書
 海洋を漂い漂着するプラスチックごみの実態、毒性、生態系への影響等を説明し、プラスチックごみ削減のための取り組み等を論じる本。
 プラスチックごみが海洋から浜辺に漂着して集積し、浜辺で紫外線や温度差、摩擦等により微細化し、それがまた波にさらわれて海洋を漂うというお話にまず目を惹かれます。浜辺を埋め尽くすプラスチックごみがただ溜まり続けるのではなく、破砕されて微細化しながら入れ替わり海洋にさらに拡散していくというのは、なかなかに悩ましい事実です。環境庁の調査で海岸の漂着ごみで最も多かったのがボトルのキャップだった(僅差の2位がロープ)というのも驚きです(28ページ)。漁業廃棄物や産業廃棄物ではなく、まさに生活ごみが海洋ごみのいちばんの起源になっているというのです(もっとも、調査対象が2.5cm以上のごみに限定されていることがその結果を導く要因となっているところもあるでしょうけれども)。
 管理されずに捨てられたプラスチックごみの国別重量では中国を始めとするアジア諸国が圧倒的に上位を占め(146ページ)、その結果、日本近海はマイクロプラスチックのホットスポットとなっているそうです(89~102ページ)。他の海域よりも1桁2桁違うというのです。
 さらに、破砕されて径が小さくなったマイクロプラスチックは径が小さくなるにつれて個数が多くなるはずなのに、1ミリを下回るあたりから海面付近での調査で見つかる個数が不相当に減少していて、それがどこに行っているのか(生物に誤食されるのか、砂浜に滞留するのか、海底に沈むのか)研究者にもわからない(102~105ページ)というのが不気味です。
 マイクロプラスチックの誤食による生態系への影響については、著者の、査読論文に掲載されたこと以外は語らないという方針(70~71ページ)もあって、影響があるかどうかはまだどちらとも言えないという姿勢を取っています。近年は、サンマとか鰯を焼いて食べるとき、腹部にプラスチック粒を見つけることも少なくなく、丸干しだったら気づかずに食べてるよなぁと思い、少し気味が悪いところではあるのですが。
 マイクロプラスチック問題について、様々な点を丁寧に解説していて、かつ語り口も読みやすく一般向けにもいい本だと思います。


01.サラリーマンかフリーランスか 「どちらが得だった?」 山田寛英 中央経済社
 サラリーマンで給料が上がらず副業でもしたいと思っている野口くんが、大学の先輩でコンサルティング会社社長の渋沢さんに聞く形で、サラリーマンとフリーランスの違い等について説明する本。
 収入が安定せず経費(従業員の給料や事務所の家賃等)負担の重圧に苦しみ、税制上の優遇はほとんどなくて個人事業税とかもとられ社会保険(特に年金)の保障はとても薄くて老後の安心も得られない零細個人自営業者(フリーランス)の立場からは、給与所得控除なんていう払ってもいない経費控除を認めてくれたり保険料半額会社負担で厚生年金の保障を受けられる給与所得者が羨ましい限りですが、給与所得者には、自営業者は大儲けした上に私用分も必要経費と称して賄い脱税のし放題と思われているらしい。この個人自営業者と給与所得者の溝は永遠に乗り越えられないのかなと常々感じていますが、こういうテーマで民民で対立感情を持ち続けること自体、国民を分断統治したい税務署・国の思うつぼかとも思います。
 儲けを出さずに商品を安くしろという客に対して、お客さんに商品やサービスを売るときに、「値段はいくらで、原価はいくらで、儲けはいくらです。儲けといっても悪く思わないでくださいよ。家賃や人件費、それに私の生活費、収入の不安定さや将来の危機に備えるためにもらっているものですので、ご理解ください」といっても、理解できるお客さんは少ないだろうねという渋沢さんの諦め(156ページ)は、よく理解できます。商品やサービスの提供を続けるために儲けていいんだという渋沢さんの言葉(153~157ページ)も、絶対に理解してくれない給与所得者やお客さんに説明しようとして疲弊するよりも開き直れというアドバイスと受け止めたいです。 

**_**区切り線**_**

私の読書日記に戻る私の読書日記へ   読書が好き!に戻る読書が好き!へ

トップページに戻るトップページへ  サイトマップサイトマップへ