庶民の弁護士 伊東良徳のサイト

  私の読書日記  2021年5月

08.善医の罪 久坂部羊 文藝春秋
 くも膜下出血で意識不明となり搬送された患者からそれ以前に無益な延命治療は受けたくないと言付けられていた医師白石ルネが、家族に助かる見込みはなく延命治療を続けても多臓器不全、下血で状態が悪くなっていくだけと説明して家族の同意を得て気管チューブを抜くが、患者が警笛のような声を上げ続けて小さな子どもたちが動揺する中、声を止めるために焦りながら筋弛緩剤を点滴して声を止め患者がそのまま死亡したところ、3年後になりルネを嫌う麻酔科医大牟田と看護師堀田がそのときの看護記録を発掘して問題にし、遺族に知らせるなどして大騒ぎになり、白石が逮捕され刑事事件となるという小説。
 あまりにも「終の信託」と似ていることが気になりましたが、「終の信託」も、この作品も、どちらも川崎協同病院事件(1998年11月患者死亡、2002年12月医師逮捕)を題材としたものなのですね。作者の属性に従い、「終の信託」が司法の側から、この作品が医師・病院の側からみているという違いなのでしょうか。この作品の方が、告発者と病院側の悪意・悪辣さが強調されている感じがします。同時に、医者側をクライアントとする弁護士への強い不信感が目に付きました。いくら何でも(私が好まない金持ち側の弁護士でも)病院の依頼を受けながら医師個人に医師には不利になる助言をして騙そうとしたり、ボス的な弁護士の意向には逆らえないと自分の依頼者を売るようなまねをする弁護士がいるとは、私には思えないのですが。医師出身の作者が、医者をクライアントとする弁護士よりも患者側の弁護士を誠実な弁護士と描いているのが、目を引きました。医師側の弁護士の不誠実な対応を経験したのでしょうか。
 冒頭の場面で、延命治療を継続することが患者の状態を悪くし、悲惨な状態にするということが、病院サイドの共通認識として、明言されています。ちょっとここが、ある意味で新鮮、ある意味で疑問に思えてひっかかりました。医療従事者にとってはそれが常識で間違いないのなら、延命治療に対してもっと広汎に否定的な意見が拡がるのではないでしょうか。医療の不確実性というか、ケースによりさまざまなことがあり得、確実な予測というのは難しいというところで、そんなに明確には判断できず、延命治療の是非もケースによるし、それぞれのケースでの判断・評価も分かれうるのではないか、現場はもっと悩ましいのではないかと思います。そこを、医療従事者にとっては延命治療など百害あって一利なしだが法律家連中と家族がうるさいからやっている、それでいいのかという単純な図式に持ち込むのは、かえって問題提起の正当性を曇らせてしまうような気がしました。
 また、事件の発生時期について設定の説明がないため、当然に現在を起点に読んでしまうのですが、そうすると、裁判の場面で、なぜ殺人事件として起訴されたというのに裁判員裁判じゃないんだろうという疑問を生じます。実際の事件は裁判員裁判制度開始前の事件ですから当然裁判員裁判ではありません。その資料をベースに作ったからそれを裁判員裁判に書き直すなんていうのはそれこそ本当の法律家でないと無理ということなんでしょう。でも読者が当然に感じる疑問に配慮すれば、それなら事件設定を実際の事件が起こった頃にしておけばいいのにと思います。作者が、なぜ今頃になってこの作品を書き下ろしたのか、「終の信託」がすでにあるのになぜさらに書いたのか、そこに意味があるのなら、(最後に川崎協同病院事件の医師の著書を「参考文献」として示すだけではなく)もう少し説明していただいた方がいいように思いました。

07.倒産法入門 再生への扉 伊藤眞 岩波新書
 破産、民事再生、会社更生、特別清算の手続とそれらの手続を通じて生じる債務者、債権者、その他の利害関係人との法的な関係について解説した本。
 前半は、破産(個人、法人を通じた清算型手続)、民事再生(個人、法人を通じた再生型手続)、会社更生(株式会社のみを対象とする再生型手続)、特別清算(株式会社のみを対象とする清算型手続)の4種類の法的整理について、概説し、その共通点と相違点を説明しています。簡潔な説明で、これくらい簡潔に説明できるのかと感心しましたが、破産の免責/免責不許可事由の説明では、実務上は免責不許可のポイントになりやすい破産管財人に対する説明義務違反には言及して欲しかったと思いますし、破産免責(個人だけが対象)の説明を続けた後で続く民事再生で個人再生の話がまるまる省略されたのはちょっとはしごを外された感じがしました。やはりそこは個人の場合の破産と個人再生(民事再生)の関係(共通点、相違点)を説明して欲しいと思いました。
 後半で、手続全体を通して債務者と管財人等の手続主宰者の関係、法的手続が開始されることが持つ意味、契約関係への影響(継続させることの価値と債権者平等/保護の価値)、債権者を害する行為の法的な評価とその効果を否定する手段(否認権等)、担保権者の扱いと相殺を許す範囲などを論じていて、こちらは、実定法だけではなく立法論も含めて、倒産に当たって、債務者と債権者、その他の利害関係人の関係の利益考量、優先順位、あるべき姿を考えさせています。著者としては、こちらの方が書きたかったのでしょうね。企業活動、経済活動をめぐり、金貸しやその世界で儲けを図る者たちが編み出すさまざまな実質的な担保・優先権を得る法的な枠組みについて、公正・公平を図る観点から、少し苦言を呈しています。
 倒産法制全般についての簡潔な解説とそういった老学者の示唆も含めて有益な読み物と思います。ただし、著者はできるだけ平易に解説したといってはいますが、やはり法律用語が飛び交い、詳しくは専門書をという部分が多いため、易しく読めると感じるのは業界人だけかとも思いますが。


06.やばいデジタル “現実”が飲み込まれる日 NHKスペシャル取材班 講談社現代新書
 インターネットの発達によるフェイクニュースの蔓延とプライバシー侵害をテーマとしたNHKスペシャルの番組とその際の取材をまとめた本。
 SNSによる世論操作の手法としてツイートのボットによる拡散とインフルエンサーによる拡大、実在するアカウントを利用した人気投票への投票や「いいね」やコメント付けが紹介されています(80~86ページ)。そこでは自分のSNSについて「いいね」を増やすアプリ(そういうのがあるんですね。知りませんでした)をダウンロードすると、管理者に自分のアカウントを自由に使っていいという許可をしたことになり(ダウンロード前に「同意」ボタンを押す誰も読まない「規約」にそう書いてあるんでしょうね)、管理者は実在する他人のアカウントを使ってあちこちに自由にいいね」したり、コメントを付けられると書かれています。勝手に自分の名前で「いいね」したりコメントしたことにされるって、いくらなんでもあんまり。
 フェイクを暴き、ボットによる操作の手法を記事にして、ボットを見つけ出す手法を開発した記者は脅迫されて仕事を辞めたいとさえ思っていると述懐してる(91~93ページ)というのも哀しい。
 検索データだけで住所、職業、氏名、容貌(顔写真)、食習慣、異性との交際歴、病歴、趣味等を特定する実験が行われ、ほとんどが正解されています(108~152ページ)。私は、できるだけ検索は Startpage にしているのですが、それでも facebook でのクリックとか、楽天トラベルなんかで見たページがすぐにあちこちで反映されて広告に追われます。ネット社会には本当のプライバシーなんてないと考えて行動せざるを得ないですね。

05.アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した ジェームズ・ブラッドワース 光文社
 ジャーナリストの著者が、アマゾンの倉庫でピッカー(注文された商品をピックアップする労働者)として働くためにイングランド中西部のルージリーに住み(第1章)、訪問介護労働者としてケアウォッチで働くためにイングランド北西部のブラックプールに住み(第2章)、保険会社アドミラルのコールセンターで働くためにウェールズ南部のサウス・ウェールズ・バレーに住み(第3章)、ロンドンに戻ってウーバーのドライバーとして働いて(第4章)、それぞれの地域で見聞きした底辺労働の実情などを綴ったノンフィクション。
 邦題と章タイトルからは、アマゾン、ケアウォッチの訪問介護、アドミラルのコールセンター、ウーバーでの労働の実情が中心であるように見え、期待しますが、著者がそれらの労働に従事して直接経験した事実についての記述は少なく、移り住んだ地域で知り合った底辺労働者の話やそれらの地域について著者が調べたり聞いたことについての記述が大部分を占めています。アマゾンやケアウォッチ、アドミラル、ウーバーについての評価も、客観的事実、経験した事実よりも他の労働者のインタビューで主観的感情的に書いているところが多く、せっかくジャーナリストが自ら労働しているのに、残念な読後感でした。
 アマゾンについては、労働者の挙動が分解されて管理され、機械的にもっと速くと急かされる様子、休憩時間が30分と10分が2回に分割されて与えられ、倉庫の奥から所持品検査を経て食堂等に行くまでに休憩時間の多くが過ぎ去りほとんど休憩できない、アマゾンのような大企業でも労働者に労働契約書を渡さない、賃金が全額支払われないことが度々ある、4階建ての倉庫で1階にしかトイレがないなどが目に付きますが、正社員登用(ブルーバッジ獲得)について9か月の契約期間ピッキング目標を常に上回りいつも時間どおりに出勤し規則を破らなかったのに登用されなかった、マネージャーの要求するとおりのシフトで3か月も働いたのに登用されなかった(55~56ページ、29~30ページ)とか、「1日まさかの10時間半労働」(56ページ)なんて言われると、イギリスでの非正規労働はそんなに甘いものなのか、日本より恵まれてるんだなぁと思ってしまいます。日本で私が相手にしている会社ではそんなのごくふつうというか、労働者側がそれを酷いと思うこと自体がまれだと思います。どこの国でも強欲な企業と経営者は悪辣なことを考え続け、隙あらばさらにやりたい放題をやろうとするものだということでしょうけど。
 訪問介護では、介護労働者が自動車で訪問先を渡り歩き、決められた訪問先をこなすためにきちんとした介護ができず、アクシデントがあっても高齢者を見捨てるように次の訪問先へ急がなければならないなどの様子は、ケン・ローチの「家族を想うとき」のアビーの労働にも描かれていましたが、悩ましいところです。英語が読めない移民労働者が増えて、投薬管理記録に記入せず、その後に来た別の介護士が再び投薬するリスク(142ページ)なども、考えさせられます。
 アプリの指示(リクエスト)に従わなければ排除されるために結局ドライバーは指示どおりに動かざるを得ないのに、ドライバーは従業員ではなく自営業者で何の保証もなく「あなた自身が社長」などというウーバーの欺瞞性は明らかですが、そこはもっと具体的な事実を書きだして暴いて欲しいところです。著者の書きぶりはまだ遠慮が見られるように思えます。
 現実に経験した部分の話はわかりやすく、読んでためになるところが多いのですが、著者が知識を披露し意見を述べる部分(この本ではそっちの方が多い)では、イギリスの歴史や文化、世情をベースにし、かつ皮肉っぽい諧謔趣味の文章が多く、訳者がそこに注力しないで訳しているきらいがあって、素直に読むと意味が取れないというか首をひねる部分が多く、読みにくく思えました。

04.それでも、僕は泳ぎ続ける。 心を腐らせない54の習慣 入江陵介 株式会社KADOKAWA
 ロンドンオリンピックで銀メダル2つと銅メダル1つを獲得し、金メダルを目指して臨んだリオデジャネイロオリンピックでメダルなしに終わり、今東京オリンピックの行方も見えない状態の水泳選手である著者が、これまでの自分のトレーニングやメンタル・モチベーション維持のために考え実践してきたことを語る本。
 「水泳選手特有なのかも知れませんが、基本的に週休2日でも2日間連続で休むことはありません。なぜならば、1日、2日泳がないだけで『泳ぎの感覚』が変わってしまうからです」(41ページ)。練習を1日休むと自分にわかる、2日休むと批評家にわかる、3日休むと聴衆にわかる(イグナツィ・パデレフスキ)の世界ですね…
 「ワクワクしながら挑んだ試合は、実際に良い結果が出ています。逆に結果が悪い試合は、大会自体楽しめていないケースばかりです」(95~96ページ)。そういうものか…弁護士の場合だとイヤな依頼者の事件は楽しめて…アワワワ
 短所を克服するより長所を伸ばす(115~117ページ)。私もそのとおりだと思います。プロとして、マイナスの少ない闘いを心がけるべきことはあるのですが、やはり多少のリスクを負ってもプラスを取りに行く方がいい結果を残せることが多いと思います。
 負けることで自分のやり方を分析でき、これまでのやり方を変えることができる(157~160ページ)。負けたときはそう思って、転んでもただでは起きないように学びましょうということですね。
 簡単に読めて、しかしいろいろと乗り越えてきた人の言葉でもあり、感慨があります。ページ下のパラパラ漫画が背泳ぎで2往復分ありますが、せっかくならもう少し変化を付けて欲しい気がしました。

02.03.私を見て、ぎゅっと愛して 上下 七井翔子 河出文庫
 婚約者がいながら出会い系サイトで漁った男たちに乱暴に扱われるセックスにふけることに喜びを感じ、それをブログに書き多数の読者からの反応に恍惚となるという著者のブログ経験を出版した本。
 初期の売りになっている著者の出会い系サイトを利用した多数の男たちとのセックス、セックス依存症経験は、母親との関係、幼い頃に母親に愛されなかった経験が原因とされていますが、それが発覚したわけでもないのに婚約者の心が離れて著者が追う立場になるや、影を潜めてしまいます。むしろ、婚約者から愛されているのにいけない私、みたいな背徳感、スリルにのぼせていた、いい気になっていたんじゃないかとも思えてしまいます。
 親友と婚約者ができてしまったとき、親友を全然恨んでいない、自分にとって親友が大事、その幸せを願うというのですが、そうだったらそれを1日2万件もヒットしているというブログに、それも本人に確認したり話し合う前に書きますか?そんなに読者がいるなら、当然、いくら匿名でも、周囲の人だって読んでいるでしょうし、関係者に伝わるでしょうし、仮にそのときすぐにそうならなくてもいつかは発覚するでしょう。書くこと自体が復讐なのか、あるいは親友より何より書くことの恍惚が優先なのか。それがセックス依存症以上に快感だったんでしょうね。
 周囲の人、特に弟に、婚約者や「親友」を声高に詰らせ、自分はそれをなだめる役に回る。高校の時に、「土左日記」の最後に紀貫之一行が都に戻り、人に託した自宅が荒れ果てているのを見て、家来が声高に文句をいうのを紀貫之はそれをなだめるという場面で、古文の先生が、家来が言ってくれるからそれで気が済んで鷹揚に振る舞ってるんですねとコメントしたのを聞いて、なるほどと思ったのを思い出しました。

01.Q&Aでわかる業種別法務 学校 日本組織内弁護士協会監修 河野敬介・神内聡編 中央経済社
 組織内弁護士(開業弁護士でなく、企業や自治体等に雇用され専属で働く弁護士)の任意団体「日本組織内弁護士協会」が、「満を持して」(「シリーズ刊行に当たって」の表現)出版する業種別法務の解説書シリーズのうち、学校(小中高校、大学・大学院、専門学校、通信制学校)の法務についてのもの。
 外部の弁護士(開業している弁護士)を顧問弁護士などにして相談するよりも組織内弁護士を雇うことの方がいいということが強調されています。「現状では教育委員会から特定の相談業務を委託された外部の弁護士をスクールロイヤーと呼称する風潮がありますが」「組織内のスクールロイヤーは、組織外のスクールロイヤーよりも学校現場と接点を持ち、子どもたちの利益の実現のために貢献しています」「本書の特徴は、学校組織で勤務する組織内弁護士が、外部の顧問弁護士では気づきにくい着眼点や、学校組織として考慮しなければならないポイントなどを交えて、学校法務の実務を解説している点にあります」(9ページ)、「学校にほとんど現れない弁護士をそもそもスクールロイヤーと称してもよいのかなどといった疑問もあります」(194ページ)など、組織内弁護士を売り込むことに熱意が感じられます。いじめの調査組織を設ける時には専門家である弁護士を入れろと3回も繰り返しています(146ページ)。
 組織内弁護士は、その組織の事情に詳しくなるという利点がある一面で、裁判実務の経験に乏しく他の領域を含めた幅広い実務経験がないという欠点があると考えられます(裁判実務や他の領域も含めた経験が豊富な弁護士を雇用することも理論上は可能ですが、現実的にはそういう弁護士が魅力を感じるような条件を提示する組織はまずない)。常識的な弁護士であれば、そういう事情を冷静に説明してそれぞれの利点を活かしましょうというような本を書くと思うのですが、先に紹介したような書きぶりを見て驚きました。
 「最近の深刻な法律問題である教員の労働問題については、日本弁護士連合会や文部科学省はスクールロイヤーの役割として想定されていません」(194ページ)という記載は、文意が不明ですが、組織内弁護士が教員の労働問題について外部の弁護士よりも精通し対応できると言いたいのでしょう。悪いけど労働問題は私の得意分野なので、言わせてもらいますが、この本で労働問題に関しては、大半が基本書・解説書をまとめたレベルの記載で、判例をきちんと分析したり裁判実務の経験を反映した記述は見られません。教員に退職後の競業避止義務(同業他社に勤務しない、競業他社を開業しない)を課することの可否についてヤマダ電機の事件の判決などごく一部の判決を挙げてそのレベルで説明しています(48~51ページ)。競業避止義務に関する裁判例はさまざまで一定の傾向を見ること自体が難しく、裁判例の傾向を解説したり見通しを立てることが難しい分野です。その意味では他の基本書・解説書でも今ひとつの底の浅い解説がなされることが多い分野です。しかし、教師は国家資格を有する専門職です。教師が退職した後、教師以外の仕事をしろと言われたらそれに応じなければならないのでしょうか。そのような者に退職後の競業避止義務をそもそも課すことができるのかということは1つの問題です。裁判例でも学習塾の講師については、競業避止義務を課すことが有効とされているものがあり、その場合はそれほど特殊性が論じられていませんが、教師についてはそれが争われた裁判例自体見ませんし(私が知らないだけかも知れませんが)、少なくとも国家資格による専門職であることは重要な考慮事項になるはずです。そもそも学校が教師に退職後の競業避止義務を課そうというニーズが本当にあるのか(このような設問が学校法務の実務から本当に出てくるのか)が疑問ですが、このような設問を作る以上、回答に当たっては教師に退職後の競業避止義務を課すことができるのか、その場合他の業種とは違う考慮が必要になるのかが論じられるべきだと思います。それがその業種について通じているということでしょうし、「外部の顧問弁護士では気づきにくい着眼点」に気づくということではないのかと思います。この本の執筆者はそのことがまったく頭にもないようです。この本の執筆者は、同じく国家資格を有する専門職である弁護士=自分が、退職後は同業他社(別の弁護士事務所)への勤務も競業(弁護士事務所の開業)も禁止するといわれたら受け容れるのでしょうか。
 労働問題の分野以前に一般的な法律の素養を疑わせる記載もあります。競業避止義務の説明で退職者にも職業選択の自由があることに言及されています(当然の言及です)が、ここで「職業選択の自由(憲法23条)」という記載があります(48ページ)。職業選択の自由は憲法22条で、憲法23条は学問の自由です。些細なミスといえるかも知れませんが、学校法務を専門とする弁護士が「憲法23条」と書くときにそれが学問の自由の規定で職業選択の自由の規定でないと気づかないのでしょうか。違和感を覚えないのでしょうか。副教材の代金を支払わない保護者に対してそれを立て替えた教員が請求できるかを議論しているところで、民法703条の不当利得の規定の「法律上の原因なく」について保護者の利得に法律上の原因がないことを指摘するのに「法律上の原因(保護者の同意)がない」(177ページ)という記載があるのには驚きました。保護者の利得に法律上の原因がないという説明では、法律上の原因は保護者に無償で副教材を用いる権利がないとかその費用を学校や教員に負担してもらう権利がないということをいうべきで、それがないのに費用を出してもらう(立て替えてもらう)ことが不当利得です。保護者の同意が法律上の原因だったら、保護者が立替に同意したら保護者に不当利得がないことになって、教員は立て替えても費用を請求できないというおかしな議論になります。この執筆者はそれがおかしいと思わないのか、民法の基本的な概念が理解できていないのではないかと疑問に思えます。研究不正行為について「評価根拠事実が認定され」という記載がある(210ページ)のに、「評価根拠事実」という言葉を使えば必ず言及すべき「評価障害事実」(評価根拠事実による一応の推定/認定を覆す事実)にまったく言及されていません。この執筆者は評価根拠事実という概念、規範的要件事実の立証構造を理解しているのでしょうか。
 学校特有の業法的な領域、いじめ対応や産学連携などは、新たな知識を得ることができて読んでみてよかったと思います。私が指摘した問題点は一部の執筆者の資質の問題で他の執筆者は一緒にされて迷惑かも知れません。しかし、この本のどこにも執筆分担の記載がなく、日本組織内弁護士協会という団体自身が「監修」しているのですから、それでこのような記述等がそのままになっていると、この団体自体の水準にも疑問を持ってしまいます。私は、組織・団体の顧問をするつもりはなく(基本的に個人だけを依頼者としていて、顧問先もすべて個人です)、この団体に対して利害も他意もありませんが、これで冒頭に指摘したような自分たちこそエキスパートだなんて記述をされると、世間をなめてるんじゃないかと思ってしまいます。

**_**区切り線**_**

私の読書日記に戻る私の読書日記へ   読書が好き!に戻る読書が好き!へ

トップページに戻るトップページへ  サイトマップサイトマップへ